飛騨の匠が造るオートクチュール住宅 › 町家風レトロモダン住宅、吹き抜けリビング

2017年04月22日

町家風レトロモダン住宅、吹き抜けリビング

ひな祭り~~~
飛騨では、一か月遅れですが。

さて、町家風レトロモダン住宅、本日は、吹き抜け部分の丸太!!

とっても、太い曲がり丸太!
実物を見ると、関係業者さんたちでさえ、びっくりされます。

ただの、飾りじゃありませんよ。
この御宅の大事な場所。
地震や、積雪にも、しっかりと持ちこたえるための計算された丸太なんです。

この、スペースに、三本の丸太を、がっちりと組むために、この、曲がりが必要だったわけであります。

おおきなシーリングファンも、見栄えがしますね。
さらに、この丸太は、飛騨の匠が丹精こめて仕上げた手斧(ちょうな)仕上げです。
最近は、そういう道具を使う仕事もめっきり減って、使いこなせる大工も激減しているようです。
この仕事をさせていただいて、うれしい限りです。

で、リビングから見上げると~~~~~


ああ、いい感じ~~~~

それだは、またhand&foot03



Posted by 飛騨の匠中井建築 at 20:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。