2017年04月22日

こだわりの玄関です

今日は高校の卒業式でしたねえ。
今年はあったかくて、良かった、良かった。

確か、一年前の今日は、雪でした。❄️
私、1人、大津でしたが、高速で大変な目に遭い、現場についたら、ひたすら、雪かき。
「なんで、大津にきてまで雪かきやねん!」
と、1人で、文句いいながら、半日、雪かきした思い出が
今となっては、いい思い出?てか、もう、一年、過ぎたんかい‼️‼️‼️

と、過去を振り返りながら、今日もお仕事。

さて、町家風レトロモダン住宅。
施主様ご主人の、絶対に譲れない、というか、ゆずらなかったのが、こちら。

はい、玄関の扉。


みなさん、おわかりになりますか?

ずばり、蔵戸です。

そう、あの、土蔵の扉。
本物!
施主様が自ら、ネットやら駆使してお探しになったものです。


最初にイメージが固まっていたのは、この蔵戸、といっても、いいくらい。

この蔵戸に合わせて、外観を考えました。

いや〜、いい感じですなあ。
さすが、お目が高い!


欅の蔵戸。
重厚感があって、自然に輝く感じが、何ともいえない❤
昔のモノって、いい材使ってますなあ
それに負けない材を使って建築した渾身の作品!町家風レトロモダン住宅❤❤❤

もちろん、蔵戸は、現代用に、建具屋さんに頼んで、加工はしてもらいましたが。

こだわり住宅の、一番のこだわり!
玄関の巻、でした。

そしゃ、また、明日  

Posted by 飛騨の匠中井建築 at 20:59Comments(0)

2017年04月22日

町家風レトロモダン住宅、吹き抜けリビング

ひな祭り~~~
飛騨では、一か月遅れですが。

さて、町家風レトロモダン住宅、本日は、吹き抜け部分の丸太!!

とっても、太い曲がり丸太!
実物を見ると、関係業者さんたちでさえ、びっくりされます。

ただの、飾りじゃありませんよ。
この御宅の大事な場所。
地震や、積雪にも、しっかりと持ちこたえるための計算された丸太なんです。

この、スペースに、三本の丸太を、がっちりと組むために、この、曲がりが必要だったわけであります。

おおきなシーリングファンも、見栄えがしますね。
さらに、この丸太は、飛騨の匠が丹精こめて仕上げた手斧(ちょうな)仕上げです。
最近は、そういう道具を使う仕事もめっきり減って、使いこなせる大工も激減しているようです。
この仕事をさせていただいて、うれしい限りです。

で、リビングから見上げると~~~~~


ああ、いい感じ~~~~

それだは、またhand&foot03  

Posted by 飛騨の匠中井建築 at 20:57Comments(0)

2017年04月22日

町家風レトロモダン住宅。ウッドワンキッチンです

今日は、青空が!
今日なら、スキー場も一段と………
ゲレンデが呼んでいる〜〜〜〜
しかし、そんなわけにも、まいりません。
間もなく完成の
町家風レトロモダン住宅(妻と娘、勝手に命名)笑
最後の仕上げにはいってます。
各業者さんの手配やら、監督やら、点検やら・・・・
こう見えて、忙しいんです。
だったら、スキーは諦めろ、と、言われます。家族から。

はい、リビングダイニング、ほぼ、完成‼️

施主様こだわりの、ウッドワンのオーダーメイドキッチン!
ウッディーな感じが、お気に入り。

床、天井、柱、すべて、国産無垢材。
ヒノキもふんだんに!
壁は、ヒノキの無垢板に漆喰!
最高の物です。

照明器具や、ファンは、施主様がご自分でさがされたものです。いわゆり、施主様支給といいます。
オーダーメイド住宅ならではの、楽しみですね。
レトロな照明器具が映えます。
やっぱり、本物の木の家は、いいです  

Posted by 飛騨の匠中井建築 at 20:53Comments(0)